生理学シリーズ ~ 体性神経 ~

神経系は中枢神経系(脳と脊髄)と、末梢神経系の2系統により構成されている。

末梢神経系は、自律神経系と体性神経系とに区別される。

さらに、体性神経系は知覚神経系と運動神経系とに分類される。

ここでは、体性神経について簡潔にまとめみた。

体性神経とは?

脊髄神経脳神経をあわせて体性神経といい、運動や感覚のような動物機能に関係している。

脊髄神経

脊髄神経は脊髄から出る神経で、31対からなっている。

脊髄の出発部位に応じて、頸神経(8対)、胸神経(12対)、腰神経(5対)、仙骨神経(5対)、尾骨神経(1対)の5群に分けることができる。

脳神経

脳神経は脳から出る神経で、主として頭部に分布し、運動と知覚を司る。

脳神経の中の知覚神経は、脊髄神経と同じく、中枢神経の外に神経細胞の集団をもっており、これを神経節という。

脳神経は、1から12までの番号がつけられた12対の神経からなっており、嗅神経と視神経以外は、すべて脳幹から出ている。

① 嗅神経

② 視神経

③ 動眼神経

④ 滑車神経

⑤ 三叉神経

⑥ 外転神経

⑦ 顔面神経

⑧ 内耳神経

⑨ 舌咽神経

⑩ 迷走神経

⑪ 副神経

⑫ 舌下神経

① 嗅神経

嗅覚を伝える神経で、嗅粘膜にある嗅細胞(第一次感覚細胞)からはじまり、篩骨の篩板を通って嗅球までいく。

すべて無髄神経繊維からなる。

② 視神経

視覚を伝える神経で、網膜神経節細胞の軸索突起からなる。

③ 動眼神経

上眼瞼拳筋および上直筋、内側直筋、下直筋、下斜筋(外眼筋)を支配している。

その中を走る副交感神経は、神経節でニューロンを交代し、縮瞳筋および毛様体筋にいたる。

④ 滑車神経

上斜筋を支配し、眼球を外下方に転ずるはたらきをする。

⑤ 三叉神経

顔面と頭部前面の知覚神経、咀嚼筋を支配する運動神経の混合したものである。

⑥ 外転神経

外側直筋を支配し、眼球の外転をおこなう。

⑦ 顔面神経

顔面の表情筋を支配し、また舌の前 3分の2 の味覚(中間神経)、唾液や涙の分泌も司る。

味覚神経繊維と唾液腺の分泌を支配する副交感神経繊維は、運動神経繊維とは別な根をもって脳から起こる。

⑧ 内耳神経

聴覚と平衡感覚に関係する神経繊維が含まれる。

聴覚は内耳の蝸牛から出る蝸牛神経で、平衡感覚は内耳の半規管と平衡嚢から出る前庭神経である。

⑨ 舌咽神経

舌と咽頭に分布する混合神経で、舌の後ろ 3分の1 の味覚、咽頭および頸動脈洞からの求心性神経を含み、咽頭筋の運動を司る。

また、耳下腺につながる唾液分泌神経の含んでいる。

⑩ 迷走神経

運動神経と知覚神経、副交感神経の混合したもので、口蓋、咽頭、喉頭の運動を司る。

また、喉頭、気管、気管支、肺、心臓、大動脈、消化管に副交感神経繊維と知覚神経繊維とを送っている。

⑪ 副神経

半分は迷走神経に加わり、咽頭の筋に分布し、残りは胸鎖乳突筋、僧帽筋を支配する。

⑫ 舌下神経

舌筋を支配し、舌の運動を支配する。

参考図書

・櫻田 忍, 櫻田 司 編集:機能形態学, 改訂第 3 版, 南江堂, 2014

参考URL

興奮の発生と伝導 | 生体機能の統御(1) | 看護roo![カンゴルー]

シナプス伝達 | 生体機能の統御(2)| 看護roo![カンゴルー]

タイトルとURLをコピーしました